« 癒しの動物 | トップページ | マッサージに効果あり! »

里親体験

Mi

連日、猛暑が続いた8月末のこと。弟がダンボール箱に入れられて捨てられていた、三毛猫の赤ちゃんを見つけて保護。ちょうど仕事が一段落したこともあり、うちで預かることになりました。

まだミルクしか飲めない生後2週間。動物病院の先生に教わったとおり、スポイドで吸わせることに。時々指までしゃぶる姿が何とも可愛い。ちょっぴり母親気分を味わいつつ、「絶対、里親探すからね」とこの子に語りかけて、作戦を決行。電話とメールで友達、仕事関係者らにどしどし連絡。チラシを作って、かかりつけの動物病院、近所のお好み焼き店にも貼ってもらいました。

「飼いたい人なかなか見つからへんわぁ…」との返事続出に、諦めそうになりかけた頃、友達から1通の好感触なメールが!! 15年一緒に暮らした猫ちゃんを亡くし、その後はなかなか飼おうという気持ちになれなかったという方が「猫を見たい」と言ってくれている、というのです!

まだ赤ちゃんだし、猫を飼ったことのある人に里親になって欲しい…。その願いは叶えられ、「み~ちゃん」と名付けられて、新しい家族の元で暮らすことになりました。うちで預かったのはわずか6日間。でも、引渡しをする前、会いに来た弟の膝から離れずに、ぐっすり寝ているみ~ちゃんは、命を助けた弟に感謝を表しているように思えて、ジーンときてしまいました。

その後、み~ちゃんはスクスクと成長し、おてんば娘に。招き猫の効果があったのか、私の仕事はものすごく忙しくなり、岐阜、南紀、四国、丹後、京都の美山(左の写真)などなど、旅の取材続き。Img_0210弟は転職に成功!めでたし、めでたしとなりました。

|

« 癒しの動物 | トップページ | マッサージに効果あり! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事